自動車保険会社に長年勤めていた管理人が、自動車保険や交通事故について、今まで世に語られることのなかったお得情報を公開しています。無料のご相談も承っています。ぜひご利用ください。

自動車保険は悪質な保険会社が多いのかどうかを徹底解説します!

1. 自動車保険は悪質な保険会社が多いのかどうかを徹底解説します!

ロボ吉
出島Zさん、自動車保険は悪質な保険会社が多いと聞いたことがあるバイ。
ロボ吉
出島Zさんは過去に損害保険会社で自動車保険の査定をしていたからそこらへんは詳しいと思うけど、実際のところどうなんバイ?
 
出島Z
自動車保険会社が悪質かどうかってことだよね。
ロボ吉
そうバイ。
 
出島Z
んー、難しいなあ。
 
出島Z
悪質と捉えられても仕方ないと思う側面もあるかな。
 
出島Z
ぶっちゃけて言うと、僕もはじめ自動車保険の仕事に就いた時は、僕の常識からかけ離れていた考え方が交通事故には多いと思ったよ。
 
出島Z
えっ、そんな対応や支払いでいいの?とかは結構あったな。
 
出島Z
もともと僕は生命保険の営業をしていて、お客様はわざわざ僕から加入してくださった「神様」みたいな感じで対応していたから、それで自動車保険の社員に転職したから、まったく生保でやってきたことと違うなと思ったよ。
ロボ吉
どう違ったバイ?
 
出島Z
ここからは自動車保険が悪質に思われる理由に繋がるんだけどね。
 
出島Z
自動車保険が悪質と思われる理由は3つあって、
 
出島Z
①自動車保険が扱う交通事故は、世間とはかけ離れた独特なルールが存在すること、②自動車保険会社は常に世間とかけ離れたルールの基で対応しないといけないこと、③保険会社は日々保険金詐欺との闘いに奮闘していて、社員も常にその目線で対応しているということ、が挙げられるよ。
ロボ吉
独自なルール?
 
出島Z
そう、自動車保険が悪質と思われる所以はここが大きな理由かな。
 
出島Z
例えば、自分の物を事故で壊されても物が古ければ修理してもらえずに現在の価値分しか賠償されない、とか
 
出島Z
もらい事故で病院に通っていて痛みが残っているにも関わらず、急に治療を打ち切られるとかね。
ロボ吉
物の時価分しか賠償はされないと聞いたことはあるバイ!
 
ロボ吉
あと、病院にいっても急に3か月位で打ち切られることも効いたことあるバイ!
 
出島Z
うん。これは実は保険会社も根拠があってそれを対応しているんだけど、その根拠がなかなか世間には理解してもらえないものだったりするんだよね。
ロボ吉
全くオイ(ボク)も理解できないバイ。
ロボ吉
物を壊されたら元通りにしてもらうのが当然だし、痛みが取れるまで治療費を払ってもらうのも当然バイ!
 
出島Z
そう、そうなんだ。
 
出島Z
そこに交通事故の独特のルールをもって自動車保険会社は対応してくるから、悪質だと思われるんだよね。
 
出島Z
ただ、その独特のルールも間違っている訳ではないんだ。
 
出島Z
過去の判例や法律に当てはめているから、一応間違ってはないんだけど、その過去の判例や法律が中々世間の人が思うものではなかったりするんだよね。
ロボ吉
保険金詐欺の件はどういう事バイ?
 
出島Z
実は知られていないんだけど、自動車保険を狙って保険金詐欺をしてくる人が後を絶たないんだ。
 
出島Z
僕も結構な保険金詐欺事案を対応してきたけど、自動車保険はこの保険金詐欺との戦いが付きもので、常に契約者や被害者を勘ぐって対応しているから、お客様=「神様」で対応しているとまんまとヤラれてしまったりするんだよね。
 
出島Z
だから、自動車保険会社の対応は別に詐欺をする予定のない人にも、詐欺と疑いの目をかけて対応しているから、悪質と捉えられるのも仕方ない側面があると言ったのはそういう事かな。
ロボ吉
保険金詐欺をしない人からしたら、迷惑な話バイ。
 
 
出島Z
そうだね。
 
出島Z
じゃあ、今日は自動車保険は悪質かどうかを解説していくよ。

1-1. この記事の目的

この記事では「自動車保険は悪質な保険会社が多いのかどうか」について詳しく解説をします。

この記事の目的は3つあります。

  1. 自動車保険は悪質な保険会社が多いのかどうかをを理解できる。
  2. 自動車保険会社を悪質と感じてしまう理由を理解できる。
  3. 自動車保険会社との向き合い方がわかる。

それでは早速みていきましょう。

この記事を書いた管理人について

出島Z

サイトの管理人は、長年に渡って損害保険会社に勤め、自動車保険の査定・示談交渉を行っておりました。何千件もの交通事故を事故解決へと導いてきました。その経験・実務に則して記事を記載しております。

2. 自動車保険は悪質な保険会社が多い?

自動車保険は悪質な保険会社が多いのかどうかを解説していきます。

まず結論から言いますと、自動車保険会社は悪質と思われても仕方ない側面があります。

なぜ悪質と思われて仕方ない側面があるかと言いますと、

  1. 自動車保険が扱う「交通事故」には、世間とはかけ離れた独特なルールが存在すること
  2. 自動車保険会社は常に世間とかけ離れたルールの基で対応しないといけないこと
  3. 自動車保険会社は日々保険金詐欺との闘いに奮闘していて、社員も常にその目線で対応しているということ

この3点が挙げられます。

では一つ一つ見ていきましょう。

3. 自動車保険は悪質と思われても仕方ない側面、その①

自動車保険会社は悪質と思われても仕方ない側面の1つに、 自動車保険が扱う「交通事故」には、世間とはかけ離れた独特なルールが存在することが挙げられます。

自動車保険で扱う「交通事故」には、世間とはかけ離れたルールが存在します。

いくつか挙げますと

  • 物の損害は必ずしも修理額の全額を補填される訳ではなく、物の時価までしか賠償されない
  • 車を大破されたのに、新しい車を用意してもらえない
  • 過失割合が双方あれば、代車代は認定されない(保険会社間だけの暗黙のルール)
  • もらい事故で車を大破されているのに、代車を2週間しか出してもらえない
  • 物損事故では慰謝料が支払われない
  • むち打ちや打撲傷で通院してたが、痛みが残っているにも関わらず症状固定と言われ打ち切りをされる
  • 怪我をして、お店を休業していたが、病院に行った日数しか休業補償が認定されない
  • 家族同然のペットが事故で亡くなったのに、慰謝料が支払われない

他にもたくさんありますが、ここまでにしておきます。

このように、世間一般の人が見たら、

「はぁーッ!?」

と思うような独自のルールの基で交通事故の世界は回っています。

僕も、上記の事を初めて損害保険会社に入社した時には、「それってどういう事?」と日々感じていましたし、腑に落ちないことがたくさんありましたが、そういうものとして捉えて対応してきました。

もちろん、上記のような独自のルールは「根拠」が存在して、それを基に保険会社が対応しています。

これらの独自のルールが敷かれている「交通事故」の世界が、自動車保険会社を悪質に仕立て上げてしまっているという側面はあります。

4. 自動車保険会社は悪質と思われても仕方ない側面、その②

自動車保険会社は悪質と思われても仕方ない側面の2つ目に、 自動車保険会社は常に世間とかけ離れたルールの基で対応しないといけないことが挙げられます。

先ほど挙げました、独自のルールですが、 「根拠」が存在するとお伝えしました。

その根拠と言われるものが、「過去の判例」と呼ばれるものです。

「過去の判例」に関してですが、戦後の日本に「自動車保険」が広まってから、過去の人達が交通事故で様々な裁判を起こし、自動車事故の「判例」と言うものを作ってきました。

この蓄積された「過去の判例」を保険会社は使い、みなさんに保険金を支払っている訳ですね。

それが保険会社の業務でもあり、使命でもあります。

ですが、「古い判例」もあれば「新しい判例」もあり、それらが入見だっているのが今の交通事故の世界です。

令和の時代ですが、いまだに昭和の判例を使って解決するものもありますし、最近の判例を使って解決するものまで様々です。

「過去の判例」とは、過去の裁判で決められてしまったものであり、それが独自のルールとなって現在に影響を与え続けているものになります。

今の世の中で生きている僕らからしたら、「既得権」みたいなものですね、既に決められてしまっている権利みたいなものです。

話を戻しますと、

一般の人達からしたら、

  • 自分が思った通りに自動車保険金を支払ってもらいたい

との気持ちがあり、

保険会社の立場としては、

  • 「過去の判例」に則った支払いを行わなければならない

という構図が成り立っていて、請求者の意と反する「過去の判例」であれば、自動車保険で対応できないと伝えなければならなく、自動車保険が悪質と思われてしまっている理由がここにあります。

5. 自動車保険会社は悪質と思われても仕方ない側面、その③

自動車保険は悪質と思われても仕方ない側面の3つ目に、 保険会社は日々保険金詐欺との闘いに奮闘していて、社員も常にその目線で対応しているということが挙げられます。

実は自動車保険には、結構な頻度で詐欺行為を働いてくる輩が存在します。

自動車保険の詐欺については、こちらの記事で詳しく記載していますので、是非参照してもらいたいのですが、

自動車保険の詐欺とは?

1. 自動車保険の「詐欺」ってどんな行為?徹底解説します! ロボ吉 出島Zさん、自動車保険金詐欺ってあるバイ?   出島Z 頻繁にあるよ。   出島Z 僕が現役で自動車保険で査定の仕事をしていた時は[…]

自動車保険金詐欺を排除するということも、自動車保険の業務の一つとして挙げられるんですね。

自動車保険の詐欺行為の具体例を出しますと、

  • 交通事故が発生した際に、事故とは関係のないキズも合わせて保険金請求をする。
  • 修理工場と結託し、車両損害の修理額をかさ増しし保険会社へ請求する。
  • 自動車の盗難事故を偽装し、保険金請求をする。
  • 既に壊れている私物を、事故に便乗して請求する。
  • 自動車保険へ加入する前に事故を起こし、加入後に契約以降の事故と偽り請求する。
  • 交通事故を繰り返し起こし、保険金(慰謝料)を貰う。
  • 整骨院と結託し、通院していないにもかかわらず治療日数をかさ増しして保険会社へ治療費を請求する。
  • 加害者と被害者が結託し、偽装事故を起こし保険金請求をする。
  • 本来は発生していないはずの通院交通費を請求する。
  • 事故が軽微な損害にも関わらず、慰謝料目的で長期通院を行う。
  • 会社と結託して、怪我で会社を休んだと偽り休業損害を請求する。

こういう詐欺はよくあるのですが、これらの詐欺と向き合いながら対応していますので、自動車保険は対請求者に、常にシビアに見てしまっていることはよくあります。

自動車保険会社は詐欺に敏感ですので、詐欺を働こうとしていない請求者に対しても、結構失礼な物言いで詐欺を勘ぐってくる傾向は確かにありますし、請求者=「お客様」という認識は自動車保険会社にはないので、それが自動車保険会社を悪質と認識させてしまう理由にも挙げられます。

6. 自動車保険会社は悪質であることを前提に、保険会社と向き合いましょう

自動車保険が悪質と思われても仕方がない理由をお伝えしました。

僕は自動車保険を引退した身なので、自動車保険会社を擁護する気はないのですが、これらの理由があるために自動車保険会社を悪質と考える人が結構いると考えています。

  1. 自動車保険が扱う「交通事故」には、世間とはかけ離れた独特なルールが存在すること
  2. 自動車保険会社は常に世間とかけ離れたルールの基で対応しないといけないこと
  3. 保険会社は日々保険金詐欺との闘いに奮闘していて、社員も常にその目線で対応しているということ

それを前提に、あなたが自動車保険とどういう風に向き合うかが大切だと思います。

もし、あなたが自動車保険を何としてでも訴えてやる!というのであれば、まずは

  • 何に対してに憤りを感じ、
  • あなたはどうしたいのか

を整理するべきです。

僕が以前書いた記事に、自動車保険のクレームはどこに申し立てするべきかを記載したものがありますので、これを読んでいただくと正しいクレームの申し立て方ができますよ。

自動車保険へのクレーム

1. 自動車保険のクレームはどこに申し立てすれば良い?徹底解説します。   ロボ吉 出島Zさん、自動車保険会社へのクレームはどこに言ったらよいト?   出島Z なんで、何かあったの?   ロボ吉 オイ(ボク)の友達で自[…]

また、自動車保険との交渉で憤りを感じた際は、弁護士という選択肢もあります。

弁護士を窓口にし対応を行うことも一つの手ですので、一度こちらも検討してもてはいかがですか?

東京にお住まいであれば、こちらのあまた法律事務所さんとかはおすすめです。

【交通事故】弁護士法人あまた法律事務所

地方にお住まいであれば、こちらのALG&Associatesさんとかは最近すごい勢いで表に出てきましたので、おすすめですよ。

交通事故のことなら 弁護士法人ALG&Associatesまで

最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。
    出島Zおすすめの一括お見積りサイトを紹介!
    自動車保険の無料お見積りはこちら
    出島Zおすすめの一括お見積りサイトを紹介!
    自動車保険の無料お見積りはこちら