自動車保険会社に長年勤めていた管理人が、自動車保険や交通事故について、今まで世に語られることのなかったお得情報を公開しています。無料のご相談も承っています。ぜひご利用ください。

自動車保険を断られた!?謝絶の理由を考察します!

1. 自動車保険を断られた!?謝絶の理由を考察します!

ロボ吉
出島Zさん、オイ(ボク)の友達が自動車保険で契約加入を断られたらしいバイ。
ロボ吉
そんなことってあるバイ?
 
出島Z
あるよ。
ロボ吉
なんで自動車保険会社は契約加入を断るバイ?
 
出島Z
色んな理由があると言われているよ。
 
出島Z
例えば、等級が低すぎるたりとか、事故歴が多いであったりとか、保険料(掛け金)を支払えない経済状況の場合とか、過去に保険金詐欺を行ったことがある、とかね。
 
 
出島Z
アンダーライティングと言って、保険会社は加入者を引き受けするかしないかを、その加入者のリスクをみて判断しているんだ。
 
出島Z
アンダーライティングの基準は各会社で異なっていて、一般的には公表していないんだけど、リスクが高い加入者を断ることはよく行っているんだよ。
ロボ吉
そうなんバイね。
ロボ吉
知らなかったバイ。
 
出島Z
じゃあ今日は、自動車保険を断られる謝絶の理由を考察していくよ。

1-1. この記事の目的

この記事では「自動車保険を断られる謝絶の理由」について詳しく解説をします。

この記事の目的は3つあります。

  1. 自動車保険を断られる謝絶の理由がわかる。
  2. 自動車保険のアンダーライティングについて理解できる。
  3. 謝絶された後に、あなたがやるべきことがわかる。

それでは、早速見ていきましょう。

この記事を書いた管理人について

出島Z

損害保険業界に10年居座り続けてしまった出島Zです。元々は生命保険の営業を行っており、その後某外資系自動車保険会社に入社し、交通事故の査定業務、示談交渉を行なっていました。物損担当者・人身損害担当者を経験し、年間600件以上の交通事故を解決に導いてきました。正確に数えてはいないですが、トータル5,000件以上は確実に示談を行ってきました。損保を2社渡り歩きました。FP資格、損害保険募集人(自動車保険、火災保険、傷害疾病保険)、生命保険募集人、共済募集人、高校教員免許保持者。趣味は音楽鑑賞、作成、DJ、ブログ、インテリア、グラフィックデザインです。

2. 自動車保険を断られた!?謝絶の理由

自動車保険に加入しようとし、「契約を断られた(謝絶、引受拒否と言います)」って人は意外と多いと思います。

では、なぜ自動車保険の契約を断られるのでしょうか?

今日はここを詳しく解説していきます。

先に結論からお伝えしたいのですが、自動車保険会社が加入者を謝絶する理由は、その加入者のリスクが高いと保険会社が判断をしたためです。

ここで言うリスクと言うのは、事故に遭うリスクを指します。

保険会社は他の会社と同じように営利を目的に営業を行なっています。

株式であれば株主の為に利益を出し会社の運営を行なっているように、自動車保険会社も株式であれば株主の為に利益を出し会社の運営を行います。

保険会社の売り上げは契約者から払われる保険料であり、経費には人件費や保険金支払いなどが該当します。

この経費にあたる保険金の支払いを毎年分析し、運営に必要な利益が出るように調整・計算をしています。

「アクチュアリー」という資格をご存じですか?

簡単にいうと「確率論や統計学といった数学的手法を駆使し、不確定な事象を予測・推測するプロフェッショナル」の資格です。

この「アクチュアリー」が各保険会社には居まして、損害率を計算し、一定のリスクを持っている加入者のリスクを計算し、一人一人の加入者のリスクを審査し、加入させるべきか否かをジャッチします。

リスクの高い加入者ばかりを契約してしまえば、途端に経費(ここでは保険金)が増えて、保険会社が赤字になってしまいますよね?

言い方が悪いのですが、それらを防ぐために一定のリスクのある加入者を排除しているのです。

加入者のリスクが高いと保険会社が判断したら、契約を断られる

3. 自動車保険を断られた、具体的な理由

では、具体的に自動車保険を断られる理由を考察していきます。

ちなみに、保険会社は具体的な謝絶の内容を公表していません。

加入申し込みをした本人には、基本的にオブラートに「社内の都合により、お断りさせていただきます」と言った内容で謝絶の通知を送ります。

ちなみに、僕は実際に保険会社に勤めていたので、ある程度の具体的な謝絶の内容を理解していますので、それを公表したいと思います。

まずは日本自損害保険協会が公式に公表している、契約ができない場合の参考例を見ていきましょう。

損害保険の契約ができない場合

1. 損害保険は、原則として金銭に見積もることができる経済的な利益がない場合には、契約することができません(注3)。これがないのにも関わらず保険金が支払われるとなると、犯罪を助長することにつながるおそれがあるためです。

保険法

注3 保険法 第3条(損害保険契約の目的)
損害保険契約は、金銭に見積もることができる利益に限り、その目的とすることができる。
【強行規定】

なお、人の命は金銭に見積もることが困難であることから、定額払い方式の傷害保険などでは、この利益の存在は要件とはなりません。

2. また、契約の申込みがあった場合、例えば、事故発生度の高い契約が集中することによって適正な保険料率を維持できなくなり、他の多くの契約者に負担がかかると判断されるようなときには、保険会社は例外的に契約を断ることがあります。また、このような場合でなくても、故意に事故を起こして不正に保険金を得ようとする可能性がある契約である場合などでは、保険会社の方針として契約を断ることがあります(契約の謝絶)。
4. 自賠責保険については、交通事故の被害者救済の観点から、ごく一部の例外を除き、保険会社は契約を断ることができないことになっています(注5)。
注5 自動車損害賠償保障法 第24条(責任保険及び責任共済の契約の締結義務)

保険会社は、政令で定める正当な理由がある場合を除き、責任保険の契約の締結を拒絶してはならない。

引用元:日本損害保険協会
https://soudanguide.sonpo.or.jp/basic/4_1.html

この内容を要約しますと、「①経済的に保険料(掛け金)を収めることができないような人は、契約がそもそもできない、②事故発生度の高い加入者は他の契約者に負担をかけるために契約を断ることがある、③自賠責保険に関しては契約を断ることができない」という内容になっていますね。

まさにこの通りなのですが、自動車保険会社が契約を謝絶する場合は、

  • 経済的に保険料(掛け金)を支払えないような加入者
  • 事故歴の多い加入者
  • 1年間の契約期間中に複数の事故(2件以上)を起こした加入者
  • ノンフリート等級の割引(割増)率が1等級~3等級の加入者
  • 保険金詐欺を起こしたことがある加入者 

に該当する人を自動車保険では謝絶にすることが多いです。

またこの基準は、保険会社ごとに裁量が決められており、これよりも厳しい保険会社もあれば、厳しくない保険会社も存在します。

4. 自動車保険を断られた際に行う事

一度、自動車保険を申し込んで断られてしまったら、どのように対処したら良いでしょうか?

いくつか具体的なアクションプランを紹介します。

  • 他の保険会社で申し込みを行う
  • 共済も申し込んでみる
  • 配偶者がある場合、配偶者を「記名被保険者」にして申し込みを行う

先ほども説明しましたように、保険会社によってアンダーライティングの基準が異なります。

僕が提示した謝絶理由の基準よりも、甘い保険会社もあります。

具体的にこの会社が甘いというのは、企業秘密のために公表されていないのですが、一度審査に断られてもめげずに他の保険会社で再トライしてみることをおすすめします。

保険会社がダメなら共済にも手を広げてみることもおすすめします。

それでも断られた続けるのであれば、配偶者がいる場合は配偶者を「記名被保険者」に設定して申し込んでみましょう。

自動車保険では「記名被保険者」の事故歴をアンダーライティングでより詳しく調べます。

※「契約者」や「所有者」で同等に事故歴を調べる保険会社もあります。

配偶者がこれまでに自動車保険に加入したことがなければ、自動車保険に断られない可能性は上がります。

自動車保険ではこの「記名被保険者」が主体となり、1台の車を 「記名被保険者」 が起点に下記の5組が運転した場合に限り、自動車保険を使用することができます。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
  • 記名被保険者の承諾を得て契約の自動車を使用または管理中の人

「あなた=記名被保険者」と仮定し、もっとわかりやすい言葉で言い換えますと、

  • あなた
  • あなたの奥さんor旦那
  • あなたか奥さんor旦那と一緒に住んでいる親族
  • あなたか奥さんor旦那の、まだ結婚してない子供
  • あなたが運転する事を許した知人

ということは、配偶者が「記名被保険者」でも、あなたが契約車に乗って事故を起こしても保険金は請求できることになります。

一度、これらのアクションプランを試してはいかがでしょうか。

5. 自動車保険を断られた際に、他社でも見積もりを取ってトライしてみよう

以前僕が記載した記事で、おすすめの見積もり一括サイトを紹介しています。

1つの自動車保険会社で断られた際は、別の自動車保険にて見積りを取って再チャレンジしてみましょう!

またそれでも駄目であれば、共済にチャレンジ、また配偶者がいれば配偶者を「記名被保険者」にして再トライしてみましょう!

おすすめの一括見積もりサイト

1.プロがおすすめする、自動車保険の一括見積もりサイト3選  ロボ吉 出島Zさん、自動車保険の見積もりを取るときに、おすすめの一括サイトってあるッタイ?   出島Z もちろんあるよ。   ロボ[…]

最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。
    出島Zおすすめの一括お見積りサイトを紹介!
    自動車保険の無料お見積りはこちら
    出島Zおすすめの一括お見積りサイトを紹介!
    自動車保険の無料お見積りはこちら